自分で取り付ける

最近は自分で地デジアンテナを設置するという人も増えています。アンテナというと、屋根に登って取り付けなければいけないというイメージを持っている人も多いでしょうが、地デジアンテナの場合には、必ずしも屋根の上に取り付けなければいけないというわけではありません。衛星放送のアンテナのように、ベランダにも設置することができるのです。

ただし、地域によっては電波が弱い場合もあるので、必ずしもベランダに設置できるというわけではありません。もし電波が弱い地域に住んでいるのであれば、しっかりと受信できるタイプのアンテナを購入する必要があります。地デジアンテナを一式購入してきたら、いよいよ設置作業に入るのですが、屋根に設置する場合には、屋根馬やステーアンカー、ターンバックルなど多くの部品が必要になるのです。

それに対してベランダであれば、屋根ほど多くの部品は必要ありません。また、壁に設置するという方法もあります。ベランダは素人が設置すると、落下の危険性があるので、十分注意して取り付けないといけないのに対して、壁に設置すれば、滅多に落下するようなことはありません。取り付け箇所もいろいろと選べます。このように一長一短が存在しているので、自分で設置する場合には、まず設置場所を検討しておきましょう。