方向を調べておく

地デジアンテナは適当に設置すればよいというわけではありません。きちんと方向を決めてから設置しないと、うまく受信できないことがあるのです。では、どのような方向で設置すればよいのでしょうか。基本的な設置方法は、電波塔の方向に向けておくことになるので、まずは電波塔の位置を調べておかないといけません。基本的に電波塔は日本全国に建てられています。

地元の電波塔の位置を把握するために、インターネットで電波塔の場所と方向を調べておきましょう。ただし、ベランダに設置する場合には、ベランダの方向に電波塔があるとは限りません。この点がベランダ設置のデメリットになるのですが、屋根の上や壁であれば、どのような方向であっても設置が可能というのがメリットです。特に屋根は高い位置にあるので、電波が受信しやすくなっています。

しかし、アンテナの向きを正確に設定するのは難しいので、このようなときには方位磁石を使用する方法や、専用のアプリを利用する方法がおすすめです。方向がしっかりと決まったら、他にも受信する場所の電波の強弱を調べておかないといけません。基本的に電波塔から近い方が電波は強くなっているのですが、近年は高層マンションや高層ビルが多いので、このような地域は電波が弱いこともあるのです。

自分で取り付ける

最近は自分で地デジアンテナを設置するという人も増えています。アンテナというと、屋根に登って取り付けなければいけないというイメージを持っている人も多いでしょうが、地デジアンテナの場合には、必ずしも屋根の上に取り付けなければいけないというわけではありません。衛星放送のアンテナのように、ベランダにも設置することができるのです。

ただし、地域によっては電波が弱い場合もあるので、必ずしもベランダに設置できるというわけではありません。もし電波が弱い地域に住んでいるのであれば、しっかりと受信できるタイプのアンテナを購入する必要があります。地デジアンテナを一式購入してきたら、いよいよ設置作業に入るのですが、屋根に設置する場合には、屋根馬やステーアンカー、ターンバックルなど多くの部品が必要になるのです。

それに対してベランダであれば、屋根ほど多くの部品は必要ありません。また、壁に設置するという方法もあります。ベランダは素人が設置すると、落下の危険性があるので、十分注意して取り付けないといけないのに対して、壁に設置すれば、滅多に落下するようなことはありません。取り付け箇所もいろいろと選べます。このように一長一短が存在しているので、自分で設置する場合には、まず設置場所を検討しておきましょう。

地デジアンテナ設置

現在テレビはアナログから地デジへと変わっています。そのため、アナログのアンテナを使用してテレビを閲覧する場合には、専用のチューナーを取り付けなければいけません。また、現在新築を建てる場合や、リフォームを行う場合には、昔のアナログアンテナを設置することは難しいので、当然地デジのアンテナを取り付けるようになるでしょう。しかし、地デジアンテナはわからないことが多いという人もたくさんいるので、ある程度勉強しておく必要があります。

最も基本的なことは、どのように設置するのかでしょう。通常は業者に依頼して設置してもらうのですが、少しでも料金を浮かすために、自分で設置する人もいるのです。業者に設置してもらうのであれば、見積もり依頼を出しておきましょう。また、その際は追加費用のない業者を選ぶとアンテナの取り付けにかかる費用が明確になります。

参照〈テレビアンテナ工事、地デジ・BSアンテナ設置は棟梁ドットコム
追加費用の上乗せがないアンテナ工事業者です。

取り付けるアンテナは自分で決めなければいけませんので、どのような種類があるのかぐらいは知っておきましょう。インターネットで調べれば、比較的簡単にわかります。

では、自分で設置する場合にはどのように行うのでしょうか。まずは地デジアンテナ一式を購入しなければいけません。これだけでも1万円以上は必ず必要になります。しかし、業者に頼んで設置してもらうと、5万円前後必要になるので、かなり浮かせられると言えるでしょう。ただし、自分で設置するのは、場所によっては危険を伴いますし、トラブルの原因になることもあるのです。当サイトでは地デジアンテナの設置に関する情報を多くの人に提供しています。